日時
2015年10月 4日(日) 10:00-17:00
会場
学校法人岩崎学園 横浜西口2号館横浜市神奈川区鶴屋町2-17相鉄岩崎学園ビル8階809室(横浜駅きた西口徒歩1分)

高校生ICT Conference 2015 in 神奈川 開催概要

日時:

2015年10月4 日(日)10:00-17:00

場所:

学校法人岩崎学園 横浜西口2号館
横浜市神奈川区鶴屋町2-17相鉄岩崎学園ビル8階

参加人数:

熟議参加生徒 47人
見学者 59人(教員・教育関係者・その他)
合計:106人

参加校:

鎌倉女学院高等学校、鎌倉学園高等学校、湘南工科大学附属高等学校、藤沢総合高等学校、神奈川県立横浜平沼高等学校、神奈川学園高等学校、神奈川県立横浜清陵総合高校、クラーク記念国際高等学校、神奈川県立綾瀬西高等学校、神奈川県立横浜国際高等学校、神奈川県立光陵高等学校、神奈川県立相模原中等教育学校、神奈川県立厚木西高等学校、神奈川県立大和南高等学校、神奈川県立湘南台高等学校

高校生、教員、企業関係者など106名の参加者を得て、「大人が作った子どものルール&マナーを考える」をテーマに高校生がグループに分かれて活発な議論と発表を行いました。

【リアル熟議】
司会進行・主旨説明
特定非営利活動法人NPO情報セキュリティフォーラム 理事 植田 威 様
高校生ICT Conferenceの概要及び本日の大まかな流れを簡単に説明していただきました。

01 植田理事.JPG

開会の挨拶
総務省関東総合通信局 情報通信部長 山口 浩 様
総務省関東総合通信局の業務の内容紹介とあわせて、e-ネットキャラバンをはじめ、安心・安全な青少年インターネット利用環境の整備の取り組み及び高校生ICTカンファレンスに期待する点について、お話をいただきました。

02 関東総通山口部長.JPG

経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 課長補佐 北元 健太 様
将来の経済産業の担い手である高校生が集まって行われる当カンファレンスの意義及び政府提言への期待について、お話をいただきました。

03 経産省北元様.JPG

第一部:「事業者講演」
グーグル株式会社 公共政策部  南 万理恵 様
「インターネットの可能性:安心安全に楽しく使うために」
ネットやスマホを使う中で嬉しかったこと、嫌だったことなどを高校生に聞きながら、日本や世界で若者が上手にインターネットを使い勉強や社会貢献、開発を行っている事例を紹介して頂き、どうすればインターネットをよりポジティブに使えるかを考えるきっかけを提供して頂きました。高校生にとって将来必要になるであろう力(情報を見つける力、見つけてもらう力や、様々な人を巻き込み協同できる力など)にも言及して頂き、将来を担う人材として第2部の議論に挑む高校生への応援メッセージを頂きました。

04 Google南さん.JPG

デジタルアーツ株式会社 経営企画部 経営企画課 工藤 陽介 様
「スマホにひそむ危険から考えるネットのルール&マナー」
デジタルアーツ社の提供する『スマホにひそむ危険 疑似体験アプリ』を使用して、大人の考えたルール&マナーについて改めて考えてみるという内容で講演してくださいました。
具体的には、「ネットで知り合った人に会いに行ってはいけません」「メッセージを送る時は相手の気持ちを考えよう」「ネットに個人情報を載せてはいけません」「歩きスマホをしてはいけません」「電車やバスの中では通話をしてはいけません」といった既存のルールについて、一概にそうとは言えないのではないかという問題提起をし、第二部の議論のきっかけ作りをしていただきました。

05 DAJ工藤さん.JPG


参加校 学校紹介 および グループ分け
参加生徒全員が前に来て学校ごとに簡単に参加者紹介を行いました。
学校ごとに自己紹介をしたので少し緊張感も和らげました。その後グループ分けして7つに分かれました。

第二部:熟議「大人が作った子どものルール&マナーを考える」
グループに分かれ神奈川県教育委員会、神奈川県立総合教育センターの方等がファシリテーターとなって、高校生熟議を開始しました。メモや付箋紙を活用しながら模造紙に貼り付けて意見を整理分類しまとめて行きました。細かなテーマにしぼった班や少し大きなテーマで取り組んだ班などいろいろとありました。
また企業の方もサポータとして入っていただきました。専門的な質問が出ると
すばやく答えてくださいました。また書記はNPO情報セキュリティフォーラムや情報科学専門学校の学生などが担当しました。事前にフォームやまとめ方を打ち合わせして、滞りなくまとめることができました。
(詳細は別紙「熟議録」をご参照ください)

グループ熟議1.JPGグループ熟議2.JPGグループ熟議3.JPGグループ熟議4.JPGグループ熟議5.jpg

第三部:グループ発表
各グループともプレゼンテーションソフトを活用して4分程度の発表を行いました。
(詳細は別紙「グループ発表資料」をご参照ください)

グループ発表PPT.jpgグループ発表5班.jpg

 その後、引率の先生と各校の生徒代表が集まり、11月3日に開催される東京サミットに行く代表校の選定投票を行い、鎌倉女学院高等学校が代表校に選出され、発表されました。

最後に、高校生ICT Conference実行委員長の羽衣学園高校 米田謙三先生より全体講評をいただきました。
各グループの発表を振り返り、1つ1つポイント・キーワードをあげて丁寧にコメントをいただきました。
最後に『これを機会にぜひ自分たちの学校に戻ってからも、「高校生自身の気づき」「年少の子どもに行動できる高校生」「次世代の保護者」としてしっかり行動してください。』とコメントいただきました。

06 ICT神奈川米田先生.JPG07 ICT神奈川全体写真.JPG

「開催報告書」他

高校生ICT Conference2015(神奈川)_開催報告書
高校生ICT Conference2015(神奈川)_熟議録
高校生ICTConference2015(神奈川)_グループ発表
高校生ICTConference2015(神奈川)_アンケート集計