日時
2015年8月29日(土) 10:00-16:00
会場
アイネス、大分県消費生活・男女共同参画プラザ大分市東春日町1番1号 エヌエス大分ビル

高校生ICT Conference 2015 in 大分 開催概要

日時:

2015年8月29 日(土)10:00-16:00

場所:

アイネス、大分県消費生活・男女共同参画プラザ
大分市東春日町1番1号 エヌエス大分ビル

参加人数:

熟議参加生徒 30人
見学者 37人(教員・教育関係者・その他)
合計:67人

参加校:

大分県立大分雄城台高等学校、大分県立大分工業高等学校、大分県立宇佐産業科学高等学校、大分県立由布高等学校、大分県立大分南高等学校、大分県立大分鶴崎高等学校、大分県立大分商業高等学校、大分県立中津東高等学校

高校生、教員、企業関係者など67名の参加者を得て、「大人が作った子どものルール&マナーを考える」をテーマに高校生がグループに分かれて活発な議論と発表を行いました。

【リアル熟議】
主旨説明 ハイパーネットワーク社会研究所 渡辺 律子 様
高校生ICTカンファレンスの意義や目的などあわせて本日の流れも紹介しました。

01 ハイパー渡辺さん.JPG

開会の挨拶
文部科学省スポーツ・青少年局参事官(青少年健全育成担当)付青少年有害環境対
策専門官 八木澤 寛 様
 高校生ICTConferenceの意義及び文部科学省の役割についてもあわせて紹介いただき、「高校野球のように白熱した議論を通じて、この時間を楽しんでほしい」とコメントをいただきました。

02 文科八木澤さん.JPG

総務省 九州総合通信局 情報通信部 電気通信事業課長 國井 和裕 様
 総務省のネット利用状況調査、情報モラル・リテラシー教育などの取り組みや大分県における条例に基づいた取組についてお話しいただきました。
03 総通國井さん.JPG第一部  事業者による講演
企業から、以下の様な内容で発表いただきました。

『インターネットを過去と未来から考える』
ソフトバンク株式会社 渉外本部 佐治 健史 様
これまでのインターネットの発展を振り返りながら、同時にトラブルもさまざまに変化し、国や民間でその対策と啓発が行われてきました。
次代を担う高校生の皆さんが、これまでの人々の経験に学び、インターネットをよりよく活用していくことをお話しいただきました。
また、クラウドにつながる進化の象徴として、感情認識パーソナルロボット「Pepper」のお話しもありました。

04 SB佐治さん.JPG

参加校 学校紹介 および グループ分け
 まず、今回のテーマについてのイントロダクションとして、ルールとマナーについて、どのような視点で進めていくかを説明し、参加校紹介を行いました。その後グループ分けして6つのグループに分かれ、最初にネット利用「今自分たちの身の周りで起きている問題」について話し合いました。

第二部:熟議「大人が作った子どものルール&マナーを考える」
ハイパーネットワーク社会研究所、大分市教育センター、教育委員会、大分大学大学院生の方等がファシリテーターとなり、高校生熟議を開始しました。
以下の流れで30分ずつ時間を区切り、熟議を進めました。
・大人のルール・マナー
・大人に注意されることやよく言われること
・自分たちで考えるルール・マナー
高校生たちは付箋紙に考えていることを提示していき、活発な意見を出し合っていきました。ネットの問題については大人が知らな過ぎるといった問題点を提示しつつ、その大人に向けた発信方法を検討しているグループもありました。ルールとマナーを深く考え込み、分析していたグループもありました。そこからいよいよ今回のテーマの大人が作った子どものルール&マナーを考えるということで「高校生だからいえる提言」をキーワードにさらに付箋紙などを使いながらまとめていきました。付箋紙を模造紙に貼り付けていく中で意見を整理分類して、各グループでパソコンを使ってパワーポイントにまとめて行きました。細かなテーマにしぼった班や少し大きなテーマで取り組んだ班などいろいろとありました。
書記は大分大学や芸術文化短期大学の大学生が担当し、滞りなくまとめることができました。

(詳細は別紙「熟議録」をご参照ください)

第三部:グループ発表
・グループ発表(各グループ3分程度)
 今回のポイントは 前半の事業者様の講演に対して、高校生がかなりうまく活用していたことです。スマホの明暗をうまく読み取り、つなげて発表していました。読むことができない利用規約をどのように考えるのか、SNSで発信する言葉に対してのおもいやり、コミュニケーションの大切さをうまくまとめてくれました。
全体司会 ハイパーネットワーク社会研究所 原田 美織 様より逐次コメントをいただきました。

熟議1.JPG熟議2.JPG熟議3.JPG熟議4.JPG熟議5.JPG05 原田さん.JPG

その後、11月3日に東京で開催されるサミットへの大分からの代表者を選考し、発表しました。

講評  大分県教育委員会 教育次長 落合 弘 様
 各グループの発表を振り返り、1つ1つポイント・キーワードをあげて丁寧にコメントをいただきました。
参加各校の皆さん本日の熟議の結果を学校に持ち帰ってさらに深め、代表になった学校は東京サミットにおいても更に深める議論をしていただきたいというコメントで締めくくられました。

07 教委落合さん.JPG

08 全体写真.JPG

「開催報告書」他

高校生ICTConference2015 in 大分 開催報告書
高校生ICTConference2015 in 大分 熟議録
高校生ICTConference2015 in 大分 グループ発表資料
高校生ICTConference2015 in 大分 アンケート集計結果