日時
2016年12月14日(水) 10:30-16:00
会場
内閣府、総務省、文部科学省

全国14ヶ所でワークショップ形式の議論を実施し、札幌、帯広、宮城、石川、長野、新潟、東京、神奈川、静岡、大阪、奈良、高知、福岡、大分からそれぞれ代表者1名を選出。福井・沖縄からの招待参加を含め、合計16名による高校生ICT Conference2016サミットを経て、最終報告会にサミット参加の高校生から代表者2名が、内閣府、総務省、文部科学省において、高校生ICT Conference2016で得られた成果を提言として発表しました。

高校生ICT Conference 2016 最終報告会 開催概要

場所:

〔内閣府 中央合同庁舎 第8号館〕
 〒100 -8914 東京都千代田区永田町 1-6-1
〔総務省 総合通信基盤局 中央合同庁舎 第2号館〕
 〒100-8926 東京都千代田区霞が関2-1-2
〔文部科学省 生涯学習政策局 〕
 〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-2-2

テーマ:

ネットトラブル!どうする?【予防】と【対策】 
~トラブルに巻き込まれないために、巻き込まれたら~
(高校生ICT Conference2016 開催概要)

報告者: 【大阪府】大阪府立東百舌鳥高等学校 3年 女子
【宮城県】東北学院中学校・高等学校 2年 男子

参加人数:

代表生徒:2人 引率者:2人、随行者:16人

【内閣府】(合同会)
 内閣府 政策統括官(共生社会政策担当)付青少年環境整備担当
 総務省 総合通信基盤局消費者行政第一課
 文部科学省 生涯学習政策局青少年教育課
 経済産業省 商務情報政策局情報経済課
 消費者庁 消費者政策課
 警察庁 生活安全局情報技術犯罪対策課
 警察庁 生活安全局少年課
 法務省 大臣官房秘書課政策評価企画室
 青少年インターネット環境の整備等に関する検討会委員

計20名


【総務省】
 総務大臣政務官
 総合通信基盤局長
  同 電気通信事業部 消費者行政第一課
 情報通信国際戦略局 情報通信経済室
  同        国際協力課
 情報流通行政局 情報流通高度化推進室
 関東総合通信局 電気通信事業課

計15名

【文部科学省】
 生涯学習政策局 局長
 大臣官房審議官(生涯学習政策局担当)
 生涯学習政策局 青少年教育課
 生涯学習政策局 情報教育課

計8名

タイムテーブル:

10:30-12:00 内閣府(合同会)にて高校生プレゼン、関係府省庁との意見交換
13:30-14:30 総務省にて高校生プレゼン、意見交換
15:00-16:00 文部科学省にて高校生プレゼン、意見交換

最終報告の内容は主に以下の通り。

【高校生による提言】
『ネットトラブル!どうする?【予防】と【対策】~トラブルに巻き込まれないために、巻き込まれたら~』最終報告

1.ネットトラブルの事例
・詐欺
・ウイルス
・出会い系サイト
・通信販売
・ネットストーカー(粘着、つきまとい)
・乗っ取り
・個人情報流出 等

2.これらに対する予防
・知識をつける ・・・ネットマナーなど
・教育を行う
・運営との協力 ・・・SNS等の運営会社に依頼しトラブルが発生しにくいように
・フィルタリングをかける ・・・自分で行う、親と行う
・警察等の機関との連携 ・・・トラブルが起きても大丈夫なように備える
・相談しやすい環境づくり ・・・トラブルが起きる前に相談ができたら防げるのでは?
    
3.対策
・警察・専門機関に行く
・体験を次につなげる
・個人的なルールをつくる・・・「自分ではやらないこと」を決めて割り切る
・大人に相談する 

⇒キーワードは「相談」

4.提言① ~新たな予防として~
「相談する」ことが、案外できていない。トラブルを悪化させる原因ではないか。
解決策の一つとして出たのが「出前授業」。
身近な世代が先生として授業をするもの。高校生が小中学生の授業に入る。世代が近いので相談しやすい。

<出前授業の理想図>
出前授業の理想図.png

 一番トップに専門家の方に入ってもらい、大学・専門学生に教え、それを高校生が受け継ぎ、小学生、中学生に伝えていく。その過程で絆を作ることにより、相談しやすい環境が生まれる。

主にアクティブラーニングを活用し、話を聞くだけではなく、考え、自分の意見とすることを目指している。トラブルが起こらないよう、ネットマナーや権利についてきちんと伝える。このような場をぜひ設けていただきたい。

5.提言②‐1 新たな対策として ~いじめ保険の導入~
提言②は自己救済型である。「いじめ保険」は、住居の移転や転校にかかる費用などを援助するもの。韓国やイギリスに実例がある。メリットは自殺者の低下で、デメリットはいじめを偽装して保険金を受け取ろうとする詐欺の危険性。

6.提言②‐2 新たな対策として
 ~全員参加とはしない、必要な人が相談しやすい環境&解決出来る環境~
(1)些細な体験でも語り合える場
いじめられている人だけが参加する場で、些細なことでも被害者自身から体験を聞くことができ、自分自身への戒めや解決のヒントにする。法律に明るい方やネットアプリに関わる方を呼んでその場で解決できれば、安心感からまた人が来る。

(2)被害事例の検索サイト
実際に被害に遭った人が感想や出来事をネットにアップし、これらを検索可能とすることで、警察や法律の専門家に頼らなくてもヒントを得られ、対処ができるようなサイトを提供する。

7.高校生ICT Conferenceを通して学んだこと
(生徒)先生に勧められ興味を持ち参加した。全く知らないことが多く、普段利用しているスマホの裏に様々な人がいるなど一気に知識を得た。また熟議においては、自分と異なる意見を聞いて新しい発見があった。サミットでは全国各地の代表者から地域の大会では出なかった考え方を聞くことができた。情報の先生に対して高校生の立場として授業をしていたり、寮にいるので携帯を一切使えない人もいるなど、同じ日本に住んでいるのにこんなに違うのかと思った。同時に、ネットの付き合い方がみなそれぞれ異なるので、様々な意見をもらって自分で考えることができ、世界が膨らんだ。参加してよかった。

(生徒)自分自身はネットトラブルの被害には遭っていないが、サミットで実際の事例を聞き、こういうことがあったら確かに困る、そんなときはこういう対処をすればよいといったことを聞くことができて良かった。一番驚いたのは意見のぶつかり合いで、全国から集まってくる人はすごいと思った。発表する場は高校生ICT Conferenceくらいしかなく、このように自由に参加できる場は楽しい。これからもこういう場があれば参加していきたい。こういう機会を与えていただき、ありがとうございました。

※提言発表の内容は高校生ICT Conference2016 最終報告会 プレゼン資料をご参照ください。

※提言発表と各府省庁質疑・意見交換の詳細は高校生ICT Conference2016 最終報告会 開催報告書・質疑録をご参照ください。

【内閣府】(合同会)提言・意見交換 模様

内閣府1.jpg内閣府2.jpg内閣府3.jpg内閣府4.jpg内閣府5.jpg内閣府6.jpg

【総務省】提言・意見交換 模様

総務省1.jpg総務省2.jpg総務省3.jpg総務省4.jpg総務省5.jpg

【文部科学省】提言・意見交換 模様

文科省1.jpg文科省2.jpg文科省3.jpg文科省4.jpg文科省5.jpg