当「2014年度 研究成果報告」は、「インターネットと青少年保護に関する研究」について2013年度研究支援事業として公募し、採用したもので、2015年1月に成果報告が行われたものです。

2014年度研究 最終報告書

研究成果報告内容〔※敬称略〕
研究テーマ研究者
発達障害のある青少年のインターネット利用に関する研究 鳴門教育大学大学学校教育研究科
准教授 小倉正義
スマートフォンの利用がもたらす周囲の環境への不注意プロセスの解明
― 社会心理学的アプローチに基づく検討―
名古屋大学大学院教育発達科学研究科
加藤仁
子ども/若者とソーシャルメディアのリスクに関する調査研究 早稲田大学 文学学術院
教授 高橋利枝
青少年のスマートフォン利用の実態調査と対応方法の研究
~ 特に小学生に焦点を当てて ~
兵庫県立大学 環境人間学部
准教授 竹内和雄
SNSを介した異性との出会いがトラブルへと繋がるプロセス
- 出会いを求める背景と出会った後の相互作用についての検討 ----
筑波大学大学院人間総合科学研究科
仲嶺 真・田中伸之輔