このページの本文へ

安心ネットづくり促進協議会
Japan Internet Safety Promotion Association (JISPA)

English Page >

このページの位置:Home > 出前講座・学習コンテンツ一覧 > 関連コンテンツ&リンク集

関連コンテンツ&リンク集

フィード

学校や家庭での学習や研修会に、皆様がご利用可能な教材や、参考となるサイト・コンテンツ、リンクを紹介しています。
出前講座・研修と合わせて、インターネットリテラシー教育にご活用ください。

注)リンク先はすべて新しいウィンドウで開きます。

全 51 件(11 ページ中 1 ページ目)

ネット社会を生きる力 インターネットを使いこなす6つのひけつ

指導者向けに開発されたネットのリスクリテラシー育成用の教材です。

子どもがインターネットやスマートフォンなどを使う機会が増えるにつれ、ネットをじょうずに、安全に活用する力が求められています。子どもたちは、未来の情報社会をになう存在。

子どもたちが「ネット社会を生きる力」を身につけることができるように導く指導者の役割は重要です。この教材の対象は、指導者です。アニメコンテンツ、指導者支援用映像教材、運用のポイント集を指導にお役立てください。 

アニメ教材
子どもがネットで遭遇する可能性の高いトラブル事例をアニメ化した教材。

静止画教材
上記「アニメ教材」と同様の内容を静止画のスライドショー形式で収録。

映像教材
本教材を利用して子ども向け学習会を開催する指導者向けに、モデル指導の様子の映像を収録。

指導計画・運用ポイント集
学習会開催時に配布するための、指導案、指導計画、アンケートなどのドキュメントを収録(pdf形式)。

 

教材を収録したDVDをご希望の方は、I-ROIホームページの「お問い合わせ」よりお申し込みください。

教材種別: テキスト教材 指導ガイド

提供: 一般社団法人インターネットコンテンツ審査管理機構

ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)では、サイバーセキュリティに関する普及啓発活動の一環として、ハンドブックを作成しました。本ハンドブックは、身近な話題からサイバーセキュリティに関する基本的な知識を紹介し、これを一緒に学んでいただくことを目的に作成したものです。みんなが安心して使えるネット社会を実現するために、一緒に理解を深めていきましょう!

更新日:2017年7月19日

提供: 内閣サイバーセキュティセンター

総務省「インターネットトラブル事例集」

 総務省では、子どもたちが安心して安全にインターネットを利用できるよう、最近のトラブルの事例から、子どもたちへの指導にあたって保護者や教職員などが知っておくべき事項等を解説した「インターネットトラブル事例集」を作成し紹介しています。平成28年度版が公表されています。是非、ご活用ください。

教材種別: テキスト教材 配布教材

提供: 総務省

インターネットを利用する際に、知っておきたい『その時の場面集』

幅広い年齢層に利用されている主要なインターネットサービスについて、それぞれの利用方法や注意方法、トラブルに遭った際の問い合わせ方法、有害情報を見つけた場合の連絡方法など、具体的な場面を集めた『その時の場面集』を用意しています。

更新日:2017年2月27日

教材種別: テキスト教材 配布教材

提供: 一般財団法人インターネット協会

静岡大学・カスペルスキー「情報モラル診断サービス」

学校における情報モラル教育の更なる充実のため、静岡大学とカスペルスキーの共同研究により、20分程度で実施が可能な、子どもがインターネット上で情報モラルを学び、クラス内における要注意児童・生徒の把握することのできるサービスを作成しました。

4ジャンル(使用状況・モラル/時事問題・セキュリティ・法)から出題される問題を生徒に回答させ、合計点が80点以上であれば合格となります。
診断結果の印刷やクラス・学校の診断結果を全国対比で確認することができるため、児童・生徒へのフィードバックも容易です。

提供: 静岡大学・(株)カスペルスキー

このページの先頭へ