Facebook

◆安心して利用するために次のような取組みをしています

Facebookでは、コミュニティの安全を確保するためのポリシーやツール、リソースを提供しています。そして、世界中の安全に関する専門家や専門機関と緊密に協力して、ポリシーやツール、サービス、デザインプロセスを継続的に改善しています。また、青少年の安全と良好な環境維持のために、青少年保護対策や機能の追加を行なっています。

 

コミュニティ規定

コミュニティ規定」は、Facebookでシェアできるものとできないものを規定した、世界で共通のポリシーです。コミュニティ規定の目的は、利用者の表現を促し、安全な環境を作ることです。Facebookのポリシーは、コミュニティの利用者と、テクノロジーなど各分野の専門家からの意見をもとに作られています。

 

安全な利用のためのツールと機能

Facebookは、人々がプラットフォーム上の体験を自分でコントロールできるように作られています。不適切なコンテンツや、いじめやオンラインでのいやがらせの兆候からユーザーを保護するためのツールを提供しています。青少年向けには、自分自身が誰とシェアしているのかを知らせる機能や、見知らぬ人との交流を制限するための追加機能を提供しています。例えば、青少年の連絡先情報、学校名、生年月日などの機微情報が、他のユーザーの検索結果に表示されません。さらに青少年に対しては、友達申請を受けた場合は知っている人からのリクエストのみを承認することを推奨しています。

 

安全な利用のためのリソース

Facebookをご利用頂く際に、オンラインやオフラインでの安全な利用に必要なヘルプやリソースにアクセスできるようにしています。よくある質問については「ヘルプセンター」で、特定の質問については「ヘルプコミュニティフォーラム」で回答をご覧頂けます。

また、デジタル世界を生きる子ども達が必要なスキルを身に付けられるよう、自宅での個人学習用に活用したり学校の授業や放課後の集団学習のプログラムとして活用いただける、教職員および保護者向けの教材「デジタルリテラシーライブラリ」を設置しています。このライブラリでは現在、ハーバード大学バークマン・センターのYouth and Media研究科が開発した学習コンテンツがご利用頂けます。各モジュールは、セキュリティや情報リテラシーなどに関して実際の子供たちの声を反映し作成され、グループディスカッションやアクティビティ、クイズ、ゲームなどの参加型のレッスンで楽しく学ぶことができます。

 

報告

Facebookがコミュニティ規定に違反したコンテンツについて報告を受け取った場合、そのコンテンツは削除されます。利用者からも違反コンテンツを報告できますが、Facebookでも違反コンテンツを検出する技術を活用しています。さらに、Facebookでは、オンラインだけでなくオフラインでも、法執行機関と協力して安全性の強化に取り組んでいます。「Facebookと法執行機関」では、私たちがどのようにプライバシーを保護し、安全を促進しているかについて、具体的な方法をご覧いただけます。

 

詳しくは「Facebookでの安全性」をご覧ください。

◆サービス利用前に次のようなトラブルが起こり得ることを子どもに伝えてください

不適切なコンテンツ

利用者皆さまの安全を確保することはFacebookにとって重要です。「報告」機能を使うと、不快に感じるものや不適切であると思われるものを報告することができます。報告は素早く、簡単に、匿名で行うことができます。どんなコンテンツでもFacebookに報告することができます。

友達の投稿写真での自分の映り方が気に入らなくても、友達にその投稿の削除をどう頼めばよいかわかないこともあります。このような場合には「コミュニティ報告」機能を使って、その投稿写真について報告したい項目を選び、あなたの気持ちを友達に伝えることができます。

また、自分自身を傷つけたり自殺を考えたりしている、苦しんでいるFacebookユーザーをFacebookに知らせることもできます。

 

いじめと嫌がらせ行為

Facebookセーフティセンター」では、いじめやその他の対立に関する問題について、10代の若者や保護者、教育者に対して「いじめ防止ホームページ」上でガイドや参考資料を提供しています。

いじめの被害者、被害者や加害者の保護者、いじめに関わった生徒を持つ教育関係者などに向けて、大切な対話を始める方法に関するリソースを提供しています。

 

◆トラブルにあわない工夫について子どもと話し合ってください

Facebookでは、オンラインで身を守る方法についてお子さんと話し合う際のポイントを「保護者向けのポイント」としてまとめています。

 

・インターネットでも、現実の世界と同じようにルールがあることをお子さんに理解させましょう。

・保護者がよいお手本となるように心がけましょう。

・お子さんが小さいうちからこうした機会を持つようにしましょう。

・初めてスマートフォンを使い始める時などタイミングを逃さないようにしましょう。

 

詳しくは「Facebookでの安全」をご覧ください。

ページアンケート


Facebook

  • Facebook
  • 安心ネットづくり促進協議会とは
  • 出前講座・研修会
  • 青少年のスマホ利用のリスクと対策
  • 青少年の安心安全なインターネット利用
  • 推進パートナー一覧
  • レポート
  • もっとグッドネット宣言
  • グッドネットチャンネル
  • パンフレットダウンロード
  • お知らせ
  • 事務局通信メルマガ
  • お問い合わせ
このページのトップへ