高校生 ICT Conference 2020 最終報告会

【開催概要】

場 所:

 〔文部科学省 生涯学習政策局 〕
  〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-2-2

 〔総務省 総合通信基盤局〕
  〒100-8926 東京都千代田区霞が関2-1-2 中央合同庁舎 第2号館

 〔内閣府「⻘少年インターネット環境の整備等に関する検討会」〕
  〒100 -8914 東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎4号館

 

テーマ:「新しい生活様式とICT活用法」~行動制限の時代に生きる~

 

出席者:

  [最終報告者 ] 2名
   奈良県 帝塚山高等学校                2年 女子
   福岡県 福岡県立門司学園高等学校 2年 女子
  [引率 ] 2名
   奈良県 帝塚山高等学校 
   福岡県 福岡県立門司学園高等学校
  [随行 ] 4名
   高校生ICTカンファレンス実行委員会
   ・安心ネットづくり促進協議会
   ・大阪私学教育情報化研究会
   ・一般財団法人草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会

 

【文部科学省】

   総合教育政策局長
   総合教育政策局 社会教育振興総括官
   総合教育政策局 男女共同参画共生社会学習・安全課 安全教育推進室長 他
   計:6名

 【総務省】

   総合通信基盤局 電気通信事業部長
   同 電気通信事業部 消費者行政第一課
   関東総合通信局 電気通信事業課 他
   計:約10名

 【内閣府】「⻘少年インターネット環境の整備等に関する検討会」

   青少年インターネット環境の整備等に関する検討会委員
   政府関係者:内閣官房、警察庁、総務省、法務省、文科省、経産省
   内閣府
    政策統括官(共生社会政策担当)
    政策統括官(共生社会政策担当) 審議官
    政策統括官(共生社会政策担当)付 参事官(青少年環境整備担当) 他
   計:24名

 

〔タイムテーブル〕

 11:00-11:40 文部科学省にて高校生プレゼン、意見交換
 12:00-12:50 総務省にて高校生プレゼン、意見交換
 14:00-14:50 「⻘少年インターネット環境の整備等に関する検討会」にて
         高校生プレゼン、委員・関係省庁との意見交換会

 

(1)高校生ICTカンファレンス2020サミットでの提言のまとめ

   ~「ICT活用を 明確に、丁寧に、平等に」~

  〇ICTと出会う機会を明確に
   コロナ禍の休校で始まったオンライン授業に「地域、学校、教師による導入差」
        があった原因をITC活用のスタートラインに差があったためと分析し、
        “私のITCレベル見える化システム(意識、知識、環境)”の必要性を提言

  〇ICTに慣れる機会を丁寧に
   学校生活を例に、教師によるICT活用、政府による教師サポート策として
         “丁寧なガイドライン”の提言

  〇ICTを使う機会を平等に
   現代の日本教育が「みんなと合わせる教育」であることから、生徒自らが時間割
        を組みシステムに変更することが必要だとして
        “セルフカスタム時間割”を提言

 

(2)各開催地域での熟議における提言のまとめ

  〇3つの機会
   「知る機会、慣れる機会、使う機会」は繋がっており、これがICT社会の基盤を創る

  〇ICTをもっと取り入れたい
   ICTを広めるのは、気軽に質問できる仕組みと平等な環境が必要

 

【文部科学省】提言・意見交換 模様

文科省

文科省集合

 

【総務省】提言・意見交換 模様

総務省

総務省集合

 

【内閣府】
「青少年インターネット環境の整備等に関する検討会」
 提言・意見交換 模様

内閣府

pdfファイル「■2020年度高校生ICTConference_イベント開催報告書(最終報告会 )」(PDF:665kB)

pdfファイル「報告会最終発表スライド1204(掲示用)」(PDF:753kB)

ページアンケート


このページのトップへ