インターネットは、国民の社会、文化、経済活動等あらゆる活動の基盤として利用され、必要不可欠な存在です。

青少年においても、様々な能力向上や人格形成において、また将来必ず使いこなさなければならない道具として、その利用は避けることの出来ないものの一つです。しかしながら、大きなメリットがある一方で、青少年にとって有害な情報に触れるリスクや、誤った使い方による失敗、いじめ等、加害者にも被害者にもなる危うさがある側面もあります。

インターネットは、賢く利活用して生活を豊かにする道具です。本ホームページを参考の一助としていただき、大人が青少年に範を示すことで、青少年のネットリテラシーとモラルが高まり、賢いユーザとなることを願っています。