高校生ICT Conference 2019 in 神奈川

開催概要

日時:

2019年8月24日(土) 10:00-17:00

場所:

学校法人岩崎学園 横浜西口2号館
(横浜市神奈川区鶴屋町2-17相鉄岩崎学園ビル8階)

参加人数:

熟議参加生徒  25人
見学者・関係者 32人(教員・教育関係者・その他)
合計:     57人

参加校:

緑ヶ丘女子高等学校
鎌倉女学院高等学校
神奈川県立平塚中等教育学校
神奈川県立湘南台高等学校
神奈川県立秦野高等学校
三浦学苑高等学校
神奈川県立綾瀬西高等学校
神奈川県立生田高等学校  (順不同)

【リアル熟議】

司会進行・主旨説明

NPO情報セキュリィティフォーラム 理事 事務局長 植田 威 様

高校生ICT Conferenceの概要及び本日の大まかな流れを説明していただきました。

植田氏600

開会の挨拶

総務省 関東総合通信局 情報通信部 電気通信事業課長 山下 俊浩 様

 ネットの発展と光と影 カンファレンスの役割と期待についてお話しいただきました。

総通局

第一部       事業者による講演

株式会社ディー・エヌ・エー システム本部品質統括部カスタマーサービス部

CS センター長 西 雅彦 様

 警備、タクシー、車の自動運転への応用、またドラバーの運転マネージメント活用例など、AIの活用により発展する姿についてお話しいただきました。

この他、ネットトラブルを避けるためにバーチャルからリアルへ移る時に気を付けること、課金、健康への配慮、個人情報、位置情報への配慮、ネットを使ったコミュニケーションの注意事項についてお話しいただきました。

DeNA

アイスブレイク、 自己紹介

グループに分かれ、アイスブレイクの後、各グループ内で自己紹介などを実施しました。

 

第二部:熟議「人はなぜSNSを使うのか? ~改めて考えるSNSの使い方~」

グループに分かれ、高校生熟議を開始しました。メモや付箋紙を活用しながら模造紙に貼り付けて意見を整理分類しまとめて行きました。

熟議

第三部:グループ発表

各グループともプレゼンテーションソフトを活用して3分程度の発表を行いました。(詳細は別紙「グループ発表資料」をご参照ください)

 

 その後、参加生徒により、11月3日に開催される東京サミットに行く代表校の選定投票を行い、神奈川県立平塚中等教育学校が代表校に選出され、発表されました。

 

最後に、 情報科学専門学校 教務部長 川上 隆様より講評と閉会のご挨拶をいただきました。

集合

「開催報告書」他

pdfファイル ■2019年度高校生ICTConference_イベント開催報告書(神奈川)

ページアンケート


このページのトップへ