高校生 ICT Conference 2019 最終報告会

【開催概要】

 場 所:

 〔文部科学省 生涯学習政策局 〕
  〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-2-2

 〔内閣府「⻘少年インターネット環境の整備等に関する検討会」〕
  〒100 -8914 東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎4号館

 〔総務省 総合通信基盤局〕
  〒100-8926 東京都千代田区霞が関2-1-2 中央合同庁舎 第2号館

 テーマ: 人はなぜSNSを使うのか? ~改めて考えるSNSの使い方~

 出席者:

  [最終報告者 ] 2名
   大阪府 羽衣学園高等学校  2年 女子
   佐賀県 佐賀清和高等学校  3年 男子
  [引率 ] 2名
   大阪府 羽衣学園高等学校 
   佐賀県】佐賀清和高等学校
  [随行 ] 6名
   高校生ICTカンファレンス実行委員会
   ・安心ネットづくり促進協議会
   ・大阪私学教育情報化研究会
   ・一般財団法人草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会

 【文部科学省】

   総合教育政策局 男女共同参画共生社会学習・安全課長
   総合教育政策局 男女共同参画共生社会学習・安全課 安全教育推進室長 他
   計:5名

 【内閣府】「⻘少年インターネット環境の整備等に関する検討会」

   青少年インターネット環境の整備等に関する検討会委員
   政府関係者:内閣官房、警察庁、総務省、法務省、文科省、経産省
   内閣府
    政策統括官(共生社会政策担当)
    政策統括官(共生社会政策担当) 審議官
    政策統括官(共生社会政策担当)付 参事官(青少年環境整備担当) 他
   計:24名

 【総務省】

   総務大臣政務官(表敬)
   総合通信基盤局 電気通信事業部長
   同 電気通信事業部 消費者行政第一課
   関東総合通信局 電気通信事業課 他
   計:約10名

 

〔タイムテーブル〕

 10:00-11:00 文部科学省にて高校生プレゼン、意見交換
 14:00-15:00 内閣府「⻘少年インターネット環境の整備等に関する検討会」にて
         高校生プレゼン、委員・関係省庁との意見交換会
 16:30-16:40 総務政務官(表敬)
 16:50-17:40 総務省にて高校生プレゼン、意見交換

 

(1)高校生ICT Conference 2019サミットでの提言のまとめ

 ●SNSのデメリットは悪循環により発生する

  ↑ → ↓ ・他人に流されてSNSを始める

  ↑   ↓ ・SNSの使用法を中途半端に知る

  ↑   ↓ ・SNSの中で理想の自分を求める

  ↑   ↓ ・徐々に本来の自分を失う

  ↑   ↓ ・SNS上の自分を確立してしまう

  ↑ ← ↓ ・自分の良い面だけを他人に伝え薦める

  ●高校生主体で悪循環を解決するために
  主体的な高校生がそうでない高校生を巻き込みSNSについて考える必要がある

  ●クラスディスカッション
  高校生同士が“SNS”“インターネット”“スマホ”などについて意見交換をし、考え
    を深める

  ●周知
  クラスディスカッションで得た知識、考えを、小中学生やお年寄りに広めるため
    の環境整備の支援を提言した

(2)各開催地での熟議における提言のまとめ
    世界SNSウィークの設定
      ・DQ(Digital Intelligence Quotient)をベースとしAI技術をしたアプリの
         導入
      ・高校生が小中学生に伝え、高校生になったら次の世代の小中学生に伝える
         サイクルの導入
  デマ版Wikipediaの作成
    ・実際に起こったデマを記録し、再発の防止につなげる
  ・AIによる分類と、有識者による真偽判断

(3)おわりに

ICTカンファレンスに参加し、違ったものの見方や、考え方を知ることができ、相手の意見を尊重することの大切さをとおして、知識の幅を広げる機会になった。今後もOBとしてこのICTカンファレンスに参加し、ICT社会に貢献していきたい。

 

【文部科学省】提言・意見交換 模様

文科省

文科省6002

文科省集合

【内閣府】
「青少年インターネット環境の整備等に関する検討会」
 提言・意見交換 模様

内閣府

【総務省】総務大臣政務官 表敬

政務官

【総務省】提言・意見交換 模様

総務省

総務省6001

pdfファイル「高校生ICTConference2019最終報告会開催報告書」(PDF:697kB)

pdfファイル「発表スライド」(PDF:403kB)

ページアンケート


このページのトップへ