日時
2015年09月13日 (日) 10:00-17:00
会場

金沢商工会議所
石川県金沢市尾山町9番13号

高校生ICT Conference 2015 in 石川開催概要

日時:

2015年9月13 日(日)10:00-17:00

場所:

金沢商工会議所
金沢市尾山町9番13号

参加人数:

熟議参加生徒 32人
見学者 42人(教員・教育関係者・その他)
合計:74人

参加校:

金沢向陽高等学校、金沢北陵高等学校、金沢商業高等学校、金沢学院東高等学校、金沢二水高等学校、金沢辰巳丘高等学校、
飯田高等学校、七尾高等学校、輪島高等学校、羽咋高等学校、小松商業高等学校、小松高等学校、大聖寺高等学校

 高校生、教員、企業関係者など74名の参加者を得て、「大人が作った子どものルール&マナーを考える」をテーマに高校生がグループに分かれて活発な議論と発表を行いました。

【リアル熟議】

主旨説明 羽衣学園高校 米田 謙三 先生(司会・進行)
これからの進め方を紹介、ICTカンファレンスの意義や目的などあわせて
本日の流れも紹介しました。

01 司会米田先生.jpg

開会の挨拶

北陸総合通信局 局長  星 克明 様
青少年のネット利用トラブルや被害等は年々増加しており、県内でも不適切画像の投稿増加等、情報モラルが低下していることを心配している。一方で、インターネットは有益で楽しいものであり、危険を理解した上でマナーを守って利用することが必要である。本日は熟議を重ね、皆さん一人一人が考えていただきたい。とコメントいただきました。

02 星局長.jpg

内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付 青少年インターネット環境整備推進担当 参事官補佐 清水 泰貴 様
 高校生ICTカンファレンス取り組みの意義及び内閣府の関わりについてもあわせて紹介いただきました。

03 内閣府清水.jpg
第一部  事業者による講演

企業から、以下の様な内容で発表いただきました。

「KDDIの安全・安心への取り組み ~KDDIケータイ教室」
KDDI株式会社 渉外部 水谷 哲也 様
子どものケータイ・スマホ利用トラブルの事例として「依存」「人間関係」「炎上」「出会い・犯罪」をキーワードにKDDI安全教室の動画も見せながらお話しいただきました。困ったときには事態が深刻になる前に相談できる環境作りが必要であること、正しい知識で危険を予知し、かしこく使いこなすことが大切であるとお話しいただきました。

04 KDDI.jpg

「スマホ・ケータイのルールを考えよう」
北陸携帯電話販売店協会 谷村 紗愛 様
最初に販売代理店の役割、携帯ショップの仕事について簡単にご紹介いただきました。
その後「ルール」について目的、効果、ペナルティ、確認、改善、それぞれの視点からの考え方についてアドバイスいただき、第二部の議論のきっかけ作りをしていただきました。

05 谷村さん.jpg


参加校 学校紹介 および グループ分け
 まず、今回のテーマについてのイントロダクションとして、ルールとマナーについて、どのような視点で進めていくかを説明し、参加校紹介を行いました。その後グループ分けして6つのグループに分かれました。

06 学校自己紹介.jpg

第二部:熟議「大人が作った子どものルール&マナーを考える」

金沢星稜大学の学生がファシリテーターとなり、高校生熟議を開始しました。
「大人のルール・マナー」、「大人に注意されること・よく言われること」、「自分たちが考えるルール・マナー」等、それぞれについて高校生たちは付箋紙に考えていることを提示していき、活発な意見を出し合っていきました。
ネットの問題については大人が知らな過ぎるといった問題点を提示しつつ、その大人に向けた発信方法を検討しているグループもありました。ルールとマナーを深く考え込み、分析していたグループもありました。
今回のテーマは『大人が作った子どものルール&マナーを考える』ということで「高校生だからいえる提言」をキーワードにさらに付箋紙などを使いながらまとめていきました。付箋紙を模造紙に貼り付けていく中で意見を整理分類して、各グループでパソコンを使ってパワーポイントにまとめて行きました。細かなテーマにしぼった班や少し大きなテーマで取り組んだ班などいろいろとありました。

グループ熟議1.jpgグループ熟議2.jpgグループ熟議3.jpgグループ熟議4.jpgグループ熟議5.jpg

第三部:グループ発表

 各グループ3分目途でまとめたパワーポイントや模造紙を使って発表が行われました。
1班は「スマホ免許」、2班は「子供のネットトラブルと解決策」、3班は「サイバープロテクト強化法」、4班は「考察」、5班は「親子の負の循環」、6班は「自分たちのネット社会について」と題して、高校生らしい柔軟でユニークな意見や提言などが発表されました。

その後、11月3日に東京で開催されるサミットへの石川からの代表を選考、僅差で石川県立七尾高等学校が代表校に選出され発表しました。

講評  金沢星稜大学 教授  村井 万寿夫 様
 各グループの発表を振り返り、1つ1つポイント・キーワードをあげて丁寧にコメントをいただきました。
最後に「今朝、集合した時は他人同士の高校生たちが、熟議の中で打ち解け合い、各班とも活発な議論を重ねて特徴のある意見を発表しており、どの班も優劣をつけがたい。来年も石川県で開催するので、このような活動を友人や他の学校にも広げていただくことをお願いしたい。」と締めくくられました。

07 村井先生.jpg08 石川全体写真.jpg

「開催報告書」他

pdfファイル高校生ICTConference2015 in 石川 開催報告書(PDF:650kB)

pdfファイル高校生ICTConference2015 in 石川 グループ発表(PDF:1.3MB)

pdfファイル高校生ICTConference2015 in 石川 アンケート集計(PDF:966kB)