高校生ICT Conference 2017 in 大阪 開催概要

日時:

2017年09月24日 (日) 10:00-17:00

場所:

大阪ユビキタス協創広場 CANVAS(内田洋行大阪支店)
大阪市中央区和泉町2-2-2

参加人数:

熟議参加生徒 48人
見学者・関係者 45人(教員・教育関係者・その他)
合計:93人

参加校:

大阪市立東高等学校

兵庫県立千種高校学校

金蘭会高等学校

羽衣学園高等学校

大阪府立今宮高等学校

大阪府立旭高等学校

神戸学院大学附属高等学校

東海大学付属仰星高等学校

関西学院千里国際高等部

神戸大学附属中等教育学校 (順不同)

高校生、教員、企業関係者など93名の参加者を得て、「高校生が考える心豊かな生活 ~ ICT×(家族・学校・地域)~」をテーマに高校生がグループに分かれて活発な議論と発表を行いました。

 

開会の挨拶

総務省 近畿総合通信局 情報通信部 電気通信事業課 課長 吉田 丈夫 様

総務省や近畿総合通信局での、ICTに関しての取組みや、高校生ICT Conferenceの関係などについて、お話をいただきました。

 02近畿総通

第一部        事業者による講演

①   デジタルアーツ株式会社 経営企画部 経営企画課政策担当課長 チーフエバンジェリスト 工藤 陽介 様

ネットのトラブル事例について、参加生徒に考えて頂きながら話しをして頂き、その後、今回のテーマである「「高校生が考える心豊かな生活 ~ ICT×(家族・学校・地域)~」を議論するうえでのコツを、3つのポイント、

1.「企業や大人への要求ではなく、高校生を主語にして議論してほしい」

2.「高校生の強みを活かして欲しい」

3.「漠然と考えるのではなく、学校・地域・家庭に分解すると考えやすい」

を説明頂きました。

今回のテーマに対して議論する上で大変参考になったと思います。

 11デジタルアーツ

②   一般社団法人・情報教育研究所 代表理事 永坂 武城 様

高校生が議論を交わすにあたり心得ておいて欲しい『価値観の多様性』を受け止めてもらえるようワークを通して伝えていただきました。

価値観の違いが現れやすいテーマを問い掛け、その違いを視覚的に感じ取れる手法です。

好意的に行ったことが、価値観の違う人には不快に受け止めてしまうケースがあるなど体感した高校生は、いくつかの気づきを得ていたようです。

 ワークの後、相手の考え方を『認めること』『尊重すること』『歩み寄ること』が大切だとし『違うことが面白い』と思えたら良いですねと、締めくくった。

 12JKK

ファシリテーター・参加校紹介 および グループ分け

参加学校ごとに、簡単に学校紹介と自己紹介をしていただきました。

21学校紹介1

24学校紹介4

25学校紹介5

その後ファシリテーターを務める大学生から本日の目標と担当グループの発表が行われました。

 28ファシリテーター紹介

アイスブレイク、熟議注意点説明

大阪府立東百舌鳥高等学校 勝田先生

名前リレーで自己紹介しながら緊張をほぐした後、午後の熟議に向け説明いただきました。

 29アイスbレーク

第二部:熟議「高校生が考える心豊かな生活 ~ ICT×(家族・学校・地域)~」

グループに分かれ大学生がファシリテーターとなって、高校生熟議を開始しました。心豊かな生活について、メモや付箋紙を活用しながら模造紙に貼り付けて意見を整理、分類しまとめて行きました。テーマにしぼった班や3つのテーマに取り組んだ班などいろいろとありました。

熟議の中で分からない事は、企業の方もサポータとして入っていただき、すばやく答えてくださいました。

ファシリテーターは今回も、大学生など「ICTカンファレンス」の先輩でることから、議論しやすい環境が構築され、また事前に打合せを行い、フォームやまとめ方を打ち合わせなどを行い、滞りなくまとめることができました。

(詳細は別紙「熟議録」をご参照ください)

30熟議司会

31熟議1

32熟議2

33熟議3

34熟議4

35熟議56 

 

第三部:グループ発表

各グループともプレゼンテーションソフトを活用して3分程度の発表を行いました。

(詳細は別紙「グループ発表資料」をご参照ください)

 41グループ発表1

42グループ発表2

43グループ発表3

44グループ発表4

45グループ発表5

46グループ発表6

47グループ7

講評: 高校生ICT Conference 実行委員会 委員長 米田 謙三

全体講評をいただきました。

各グループの発表を振り返り、1つ1つポイント・キーワードをあげて丁寧にコメントをいただきました。その後、各校の引率の先生と生徒代表が集まり、11月3日に開催される東京サミットに行く代表校の選定投票を行い、仙台城南高等学校が代表校に選出され、発表されました。

 51講評

引率の先生と各校の生徒代表、ファシリテーターが集まり、11 月3 日に開催されるサミットの代表選考を行い、関西学院千里国際高等部が代表校に選出され、発表されました。

 52集合写真

 

 

「開催報告書」他

 pdfファイル「高校生ICT Conference2017 in 大阪_イベント開催報告書」(PDF:665kB)

 pdfファイル「高校生ICT Conference2017 in 大阪_グループ発表資料」(PDF:823kB)