日時
2016年09月19日 (月) 10:00-17:00
会場

石川県女性センター
(金沢市三社町1番44号)

高校生ICT Conference 2016 in 石川 開催概要

日時:

2016年9月19日(月・祝) 10:00-17:00

場所:

石川県女性センター
金沢市三社町1番44号

参加人数:

熟議参加生徒 26人
見学者 29人(教員・教育関係者・その他)
合計:55人

参加校:

  • 石川県立金沢北陵高等学校
  • 石川県立工業高等学校
  • 石川県立金沢二水高等学校
  • 石川県立大聖寺高等学校
  • 石川県立七尾高等学校
  • 石川県立小松工業高等学校
  • 石川県立小松商業高等学校

 (順不同)

 高校生、教員、企業関係者など55名の参加者を得て、「ネットトラブル!どうする?【予防】と【対策】~トラブルに巻き込まれないために、巻き込まれたら~」をテーマに高校生がグループに分かれて活発な議論と発表を行いました。

【リアル熟議】

司会進行・主旨説明
羽衣学園 米田 謙三 様
高校生ICT Conferenceの概要及び本日の大まかな流れを簡単に説明していただきました。

米田先生.JPG

開会の挨拶

総務省 北陸総合通信局  情報通信部 電気通信事業課長 増田 和宏 様
 
以下についてお話しいただきました。
・総務省が毎年実施している「青少年のインターネット・リテラシー指標等」調査結果について。
・青少年のインターネット利用を巡るトラブルや被害等も、年々増加していて、深刻な社会問題となっていること。
・インターネット上のトラブルや被害等は他人ごとでなく、使い方を誤ると自身が被害者にも加害者にもなりうることを知っておかなければならないこと。
・インターネットを安全に利用するためには、大人だけではなく、高校生の皆さんも、インターネットの危険性に対する「気づき」、安全利用のために必要なマナー・姿勢・モラルを「学ぶ」こと、そして日常生活において「実践」することがとても重要であること。
・本カンファレンスに期待する点について。

北陸総通.JPG

文部科学省 生涯学習政策局青少年教育課 課長 土肥 克己 様

以下についてお話しいただきました。

・文部科学省の役割と自分の仕事と責務について。
・体験活動等を推進する際に、いつも問題となるスマホ・インターネット。青少年の貴重な時間が失われていることを深刻にとらえており、一定のルールの下で使われることが求められていること。
・本日参加の皆さんのまわりにも、スマホ・インターネットの使い方がよくない方がいると思うので、そういう人たちに本日まとめた結果を伝えてほしいこと。

文科省.JPG


第一部 事業者による講演

株式会社サイバーエージェント メディアサポート室 室長 中村 広毅 様
Amebaで実際に発生した事例をもとに、ネットトラブル発生の詳細、またAmebaでの対処方法の説明。特に不正アクセスの原因、対処方法については実際にWebを見ながら講演を行ってくださいました。

中村.JPG

KDDI株式会社 北陸総支社管理部 細川 一人 様
「ケータイ・スマホはとても便利!でも使い方には注意!!」というテーマで講演していただき、以下のコメントをいただきました。
「インターネットに安易に画像などをアップロードすると加害者になり、刑事告発、損害賠償、就職できない事態になる場合があることを高校生のみなさんに認識していただいたことと思います。また、ネット詐欺に遭わないために、個人情報の取り扱いには注意が必要なことも大事なことですので、これを機会に理解を深めていただけたら幸いです。」

KDDI.JPG


参加校 学校紹介 および グループ分け
参加学校ごとに、簡単に学校紹介と自己紹介をしていただきました。
自己紹介の後、5つのグループに分かれ、各グループ内で自己紹介などを実施しました。

第二部:熟議「ネットトラブル!どうする?【予防】と【対策】~トラブルに巻き込まれないために、巻き込まれたら~」
グループに分かれ、ファシリテーターは金沢大学の学生、事業者の方が担当し、高校生熟議を開始しました。メモや付箋紙を活用しながら模造紙に貼り付けて意見を整理分類しまとめて行きました。
また企業の方もサポータとして入っていただきました。専門的な質問が出るとすばやく答えてくださいました。ファシリテーターは事前にフォームやまとめ方を打ち合わせして、滞りなくまとめることができました。

RV3A0594.JPGRV3A0635.JPGRV3A0645.JPGRV3A0653.JPG

第三部:グループ発表
各グループともプレゼンテーションソフトを活用して3分程度の発表を行いました。(詳細は別紙「グループ発表資料」をご参照ください)

 その後、引率の先生と各校の生徒代表が集まり、11月3日に開催される東京サミットに行く代表校の選定投票を行い、石川県金沢二水高校が代表校に選出され、発表されました。


全体講評 金沢大学 教授 浅野 秀重 様
以下コメントをいただきました。
「『ネットトラブル』どうする?予防と対策」をテーマに,5つのグループに分かれ,それぞれのグループのファシリテーターの支援を受けながらのワークショップでは,様々な視点から率直かつ真摯に意見交換し,その成果を数枚のスライドに集約し,これを参加者の前で発表しました。若い世代の実体験や発想に基づく創意ある発表は新鮮かつ大胆さと繊細さを感じさせるもので,どの発表も参加者の共感を得るものでした。
 高校生がこのように一堂に会して意見交換し,その意見を調整し集団の力でまとめるという活動は,まさにアクティブ・ラーニングとしての貴重な「学びの機会」「成長の場」となりました。今後ともこうした機会を大人の側が提供する意義と必要性を感じています。

浅野教授.JPG全体.JPG

 

「開催報告書」他

pdfファイル高校生ICTConference2016 in 石川 開催報告書(PDF:649kB)

pdfファイル高校生ICTConference2016 in 石川 グループ発表資料(PDF:1.8MB)

pdfファイル高校生ICTConference2016 in 石川 アンケート集計結果(PDF:996kB)